30代 敏感肌 サエル

化粧品と医薬部外品は何が違うの?

 

化粧品を選ぶとき、成分表を見てみると「化粧品」や「医薬部外品」と書かれているのを見かけると思います。

 

これは医薬品医療機器等法で定められた分類で種類がわけられているのですが、化粧品と医薬部外品では何が違うのでしょうか?

 

化粧品、医薬部外品それぞれの違いについてご紹介します。

 

化粧品について

化粧品は美容を目的として作られた商品が該当します。
美容を目的としているので、化粧品に含まれる商品は実はとってもはばひろく、例えば歯磨き粉やお風呂の入浴剤なども化粧品のカテゴリに含まれます。
ジャンルとしてはばひろい為、効果については医薬部外品よりも効果は緩やかですし、有効成分を明記する事も出来ないです。

 

 

 

医薬部外品について

医薬部外品は医薬品に準ずるもので、有効成分が決められた量配合されているものが該当します。
医薬部外品は「有効成分」を明記する事が出来ます。

 

 

 

 

医薬部外品かどうかは有効成分の記載があるかどうかで見分ける事が出来ます。
サエルは、敏感肌専用化粧品として開発された医薬部外品です。上述の通り、医薬部外品は、医薬品医療機器等法の基準に基づいたエビデンスと審査承認のもと分類され決められるものです。

 

敏感肌でも使える美白ケアとして有効成分が含まれていますので、美白は肌が荒れるし・・と敬遠していた人にもおすすめですよ。